シボヘール情報

シボヘールの主成分である葛の花由来イソフラボンとは?

投稿日:

葛の花由来イソフラボンは、古くから健康に良い和漢植物として、親しまれてきたもので、葛の花自体に体脂肪を減少させる効果があるということが、最近の研究で発表され、注目を集めています。

もともと葛の根は葛根湯として、健康のために使用されてきたものですが、葛の花の部分に内臓脂肪や皮下脂肪を分解して燃焼する働きや、脂肪予備軍を抑える働きがあるということが実際に研究期間によるデータによって検証されています。

葛の花由来イソフラボンには、すでに体に蓄積してしまった内臓脂肪や皮下脂肪を、徹底的に分解させてエネルギーとして変換しながら燃焼させる効果のあるサポニンが含まれています。

脂肪をエネルギーとして燃焼させるには、燃やしやすい状態へと分解していく必要がありますが、サポニンには分解と燃焼の両方を補うことができるため、効果的に脂肪を減少させることができます。

また、葛の花由来のイソフラボンの中に含まれている7種類のイソフラボンには、新しく合成される脂肪も徹底的に排除して、脂肪の蓄積を抑制することができます。

脂肪分解、脂肪燃焼、脂肪合成の抑制という3つの効果が、葛の花のイソフラボンには期待できます。

シボヘールは、葛の花由来のイソフラボンを主成分とする機能性表示食品で、服用することで余ったエネルギーが肝臓で脂肪に合成されるのを抑制したり、エネルギーとして燃焼しやすくするため、脂肪を分解する効果もあります。

また、エネルギー燃焼を促進する褐色脂肪細胞を活性させる効果もあり、今人気のダイエットサプリメントとなっています。

シボヘールの主成分である葛の花由来のイソフラボンは、内臓脂肪や皮下脂肪が減少するだけではなく、動脈硬化や糖尿病、高血圧症などの生活習慣病を予防することも可能です。

葛の花由来のイソフラボンには、テクトリゲニン類が多く含まれています。

テクトリゲニン類とは、イソフラボンの種類のことで、内臓脂肪を減少させる効果が高いということが、国によっても認められています。

テクトリゲニン類のダイエット効果は、2週間以上摂取することで内臓脂肪面積が減少し、BMIが低下したという研究結果がでています。

そのため、お腹周りの脂肪が気になるという人には、テクトリゲニン類を含んだサプリメントや食品が有効といえます。

一般的な健康食品とは違って、機能性表示食品ですから、副作用の心配も少なく安心して服用することができます。

-シボヘール情報

Copyright© シボヘール本音トーク , 2017 AllRights Reserved.